お風呂リフォームでヒビワレの修繕

ヒビワレの修繕の代表例が、シリコン樹脂を埋める方法です。シリコン樹脂は乾燥すると防水性が発揮されますが、乾燥して固くなった後は、経年劣化が始まります。ヒビワレを修繕しても、ヒビワレそのものが消えたわけではありません。むしろヒビワレを修繕した資材の経年劣化を適切に把握していないと、別のトラブルの発生の可能性があります。

お風呂リフォームで注意したいのは、修繕した箇所は、次に修繕しにくくなることがある点です。シリコン樹脂で修繕したヒビワレは、シリコン樹脂が経年劣化が進行したときに水漏れトラブルが発生しやすくなりますが、経年劣化したシリコン樹脂の除去作業をしてからでないと次の修繕ができません。古いシリコン樹脂を除去して、新しいシリコン樹脂を埋めます。手間が増えることは、作業時間が増えることを意味するので、コストに繋がります。

お風呂リフォームでヒビワレした箇所を修繕するなら、応急処置的な対応でも良いのか、それともヒビワレを根本的に解決したほうが良いのかを、早い段階で話し合っておくと良いでしょう。家族間の話し合いも大切ですし、施工業者との話し合いも大切です。お風呂リフォームでヒビワレを根本的に解決する場合は、ヒビワレしたタイルや樹脂壁を交換します。タイルは部分的な交換が可能です。

樹脂壁は全面交換が基本なのでコストは高くなりますが、ヒビワレそのものがなくなりますので、水漏れトラブルが発生しなくなります。水漏れしなければ、木材の腐敗や害虫の繁殖も抑制できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.