高齢者向けのお風呂リフォーム

近年は高齢化社会となっており、公共の施設の多くはバリアフリー設計となっています。その流れは、各家庭にも普及し始めており、特にお年寄りの事故が多いお風呂リフォームをする家庭が増えています。では、高齢者向けのお風呂リフォームとは、一体どのような設備をつけるのでしょうか。お年寄りがお風呂で一番大変なのは、浴槽に入るときです。

日本式の浴槽はふちが高く、足の上げ下ろしに苦労しているお年寄りがまたいで入るのは至難の業です。解決法としては、浴槽自体を取り換える、バスリフトをつける、すのこを取り付けるなどの方法があります。また、お風呂の床はタイル貼りなので、水に塗れると滑りやすくなります。不慮の事故を起こさないためにも、滑り止め防止の柵を取っておくのが無難でしょう。

解決法としては、壁に手すりをつけ、安定感のある動きができるようにするほか、滑り止め効果の高いタイルに替えるなどの方法があります。冬場は湯冷めしやすく風邪をひきやすいリスクがある事と、お風呂場と脱衣所の温度差が激しいと、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因ともなりかねません。浴室暖房乾燥機をつけると、ヒートショックの危険性も少なくなり安心です。高齢者と同居していない家庭でも、両親が泊りに来たりする期会はあるはずです。

また、高齢者に使いやすいお風呂は、全ての人に使いやすいお風呂でもあります。バリアフリーを念頭においた、お風呂リフォームを行ってみてはいかがでしょう。豊田のトイレづまりのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.