給湯器交換時期は設置場所によって違いがでる

給湯器は平均で10年~15年が寿命といわれています。この年数はあくまでも平均的な年数で、早ければ5年~7年程度で故障してしまう場合もあり、長ければ20年経過しても故障を起こしたことがないといった方もいます。給湯器は日常生活においてとても重要な設備です。この給湯器が故障することでお風呂にはいることもできませんし、冬に故障をしてしまうと冷たい水で洗い物をすることにもなってしまいます。

そのため、ある程度年数を経過していて、調子が悪いと感じた時には早めに給湯器交換が大切です。この給湯器交換時期に違いが出る理由の一つに設置場所があります。設置している場所が屋外で雨風から給湯器を守るような環境でない場所に設置されている場合には寿命も短くなります。しかし、雨風から守られている場合、家の中に設置している場合には寿命も長くなります。

寒い地域で屋外に設置されている場合には、毎年冬には零度以下の環境、夏には30度以上にもなりこの温度変化により様々な部品が劣化しやすくなり寿命が短くなってしまいます。この設置場所を少し工夫するだけで10年以上も使えることになります。給湯器交換する場合にはこの設置場所を少し考えてみてはいかがでしょうか。一番良いのは家の中に設置することですが、場所がないという場合には屋外でも給湯器用に屋根をつけたり、風から守れるような壁を作ることで寿命が大きく変わります。

給湯器の年数を重ねても快適に使えるような工夫をすることで、日常生活もトラブルなく快適な生活を送ることができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.