給湯器交換 修理と交換の比較

冬場の寒い時にお湯が出ないとつらいですが、夏場もシャワーを使えないと不便です。普段、給湯器本体は目につかない場所にあることも多く、その機能を意識することも少ないですが、故障になって初めて便利さを実感します。普段、目につかず、実際に使っている実感もないですが、調理をしたり、お風呂やシャワーを使うと、ほぼ毎日確実に作動をさせています。機械や設備は、茶道の頻度にもよりますが、いつかは故障することも、寿命が来ることもあります。

通常、電気機器や住宅設備の多くは、保証期間は1年ですが、想定されている平均寿命は5年程度です。平均の数字にはあまり意味はなくて、それ以上に持つことも、もっと短いこともあります。故障した時に、給湯器交換をするか、修理をするかが選択肢です。修理の場合と、給湯器交換の費用を比較して、金額や、本体の性能を比較しますが、給湯器交換をした場合、新品になるので、そこから1年間は無償の保証期間になり、その後も機会そのものの寿命が更新されるのがメリットです。

修理の場合は、その時は治っても、寿命自体が大幅に伸びるわけではないので、今後も故障のリスクからは離れられません。一般的な平均寿命として想定される、5年を超えているなら、今後も故障して修理が必要になるリスクも高いので給湯器交換がおすすめです。使用年数が5年以下なら、修理にかかる費用と交換にかかる費用を比較して、メリットとデメリットから選択をしましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.