雨漏りによる火災保険が出るかどうか

台風などによる強風や大雨によって、家の雨漏りの被害を受ける方がいます。この場合、火災保険の補償が受けられるのでしょうか。補償が出るどうかのポイントは、原因が天災によるかどうかすなわち事故性があるかです。天災には、台風や突風、豪雨などがあります。

しかし、気をつけなければならないことがあります。それは、建物の老朽化です。老朽化、経年劣化による雨漏りですと、事故性は無いため、火災保険の補償が受けられません。雨漏りの原因の多くは、建物の老朽化です。

経年劣化によるかどうかの判断は、保険会社が行うのではなく、鑑定会社といった第三者機関が行います。第三者機関が判断するため、一見経年劣化と思われても、調査によっては天災によると判断した場合、火災保険の補償は受けられることになります。その逆もあり得ます。ところで、天災以外にも集合住宅では、上の階の住民が洗濯機や給水設備から水を漏らしたなどによって雨漏りが発生することがあります。

そうすると、集合住宅の管理組合で加入する火災保険の契約内容によっては、原因調査費用が出ることがあります。とはいえ、天災によるものではないため、出ないケースがかなり多いです。そのため、上階が加害者の場合は、その加害者と協議する必要があります。雨漏りが発生した場合、この修理費用などが火災保険によって補償されますが、天災によるか原因によって異なる他、契約内容によって異なることがありますので、よく確認する必要があります。

豊田の水道修理のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.