火災保険を使って雨漏りの修理をする方法

意外と知られていませんが、火災保険を使って屋根の修理を行うことができます。火災保険というのは、風災などの自然災害によって起こった損害に対して補償してくれる保険ですから、台風や突風などが原因で起こった雨漏りというのは、火災保険で補償してもらうことができます。雨漏りは、屋根材だけではなく、外壁やベランダとの境目などから起こる場合があります。ほとんどの雨漏りは、経年劣化や老朽化が原因となりますから、火災保険の対象外となってしまいますが、風によって飛来物が外壁などにあたり、壁を傷つけてしまったことで、雨水が浸入してしまったというようなケースは、補償の対象になります。

ただ、素人ではなかなか判断が難しいので、鑑定の専門家に依頼した方がスムーズに処理を行うことができます。屋根や外壁というのは、毎日使っていてもなかなか見る機会がありません。特に屋根は上ってみる機会もありませんし、実際に素人が見てもどこが原因かを判断するのは困難です。また、高所で危険ですから、専門家に任せた方がよいでしょう。

早期に発見すれば、修理費用も安くすむ場合がほとんどですが、放置してしまうと被害がどんどん拡大してしまい、リフォーム代が高額になってしまう可能性もありますから、発見した場合には、できるだけ早く対策をとることが大切です。火災保険の適用となるような雨漏りであっても、長期間放置すると、経年劣化と判断されてしまう可能性もありますから、注意しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.