火災保険で雨漏りも直せる場合もある

火災保険というと火事で家が燃えてしまった時に使える保険だと思っている人も多いかもしれませんが、実はいろいろな家のトラブルでも保険金が下りることがあるのです。火事で家が焼けてしまった時は当然ですが、他にも例えば台風で窓が割れてしまったり屋根がめくれてしまった場合や洪水で浸水してしまったときなど自然災害で家が壊れてしまった時に保障してもらうことができるのが火災保険なのです。ただ火災保険では補償されないのが地震が原因で起きてしまった火事や津波などの被害です。地震については地震保険によって補償されるので、火災保険と一緒に地震保険に加入しておくともしもの時にも安心です。

家の様々なトラブルに対応してくれる火災保険ですが、雨漏りについても保険が使えるケースがあります。台風で瓦が飛んでしまってその結果で雨漏りが発生してしまった場合などが対象になります。台風はなくても近年多いゲリラ豪雨のような大雨や風や雷といったことが原因で雨漏りが発生してしまった時の保険金で修理をすることができるので、雨漏りが発生してしまった時にはまずは保険会社に相談してみるとよいでしょう。雨漏りの原因にもよりますが、屋根を修理するためのお金を保険金で賄うことができるので、出費もなく直すことができます。

家が台風や雷などの自然災害で壊れてしまった時には、直す前に保険会社に相談してみると保険金で修理できる可能性があります。まずは保険会社に連絡して保険が使えるかどうか確認しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.