雨漏りは火災保険が適用されるのか

火災保険とは、火事で家が燃えてしまったり、落雷などによって電化製品が壊れてしまう、洪水で床上浸水してしまったというような、自然災害によって損害をうけてしまったり、配水管が詰まって床が水浸しになってしまったというような場合に、保険金が支払われます。補償される事故というのは、商品によっても異なりますが、通常火災、落雷、風災、雹災、雪災、水災が補償されます。急な豪雨や夕立などで、一時的に大量の雨が降ったあとに、雨漏りが起こりやすくなりますが、雨が原因の雨漏りというのは、火災保険の対象とはなりませんから、注意が必要です。雨は水災になるのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、水災というのはあくまでも洪水などの自然災害によって、床上浸水してしまったというようなケースですから、強い雨が降ったからといって、水災にはなりません。

では、雨漏りの修理は火災保険が適用されないのかというと、風災による損害は対象となります。突風や台風によって、瓦がずれてしまったり、飛来物によって外壁に傷が付いてしまい、そこから雨水が浸入してしまったことで雨漏りが起こったような場合は、風災と判断されて火災保険で補償されます。こういった場合には、速やかに保険の申請を行うことで、保険金を受け取ることができ、修理費用にあてることができます。ただ、長い時間放置してしまうと、経年劣化と判断されてしまいますから、できるだけ早く申請しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.