雨漏りの修理に火災保険が利用できる?!

雨漏りの修理をする際、火災保険が利用できる可能性があります。火災保険は火事のときに利用する保険であると考えている方も多いと思いますが、実は雨漏りを含め、突風や台風、積雪などで屋根が破損した場合にも利用できます。火災保険には火災の補償の他に、風災に対する補償項目があります。風災とは突風や台風、木枯らしなどの強い風により窓が割れたり屋根瓦が飛ばされてしまう被害のことを言い、これによって雨漏りが起きた場合は保険が利用できるというわけです。

利用条件は強風による被害であることが必要で、また、3年以外の被害であることが条件です。この期間を過ぎてしまうと保険は適用できず、修理費用が20万円未満の場合も保証されない場合があるので注意が必要です。他に保険が利用できない例として、100%経年劣化の場合が挙げられます。先ほど申し上げたとおり、保険は風災によるものにしか適用されませんので、長い年月により錆びたりしたために起こった雨漏りは補償されません。

しかし、素人目でみても100%経年劣化なのか、風によって破損したのかの区別は付きにくいので、とりあえず一度専門業者に相談してみることをおすすめします。特に100%経年劣化の屋根はほんとうにごくわずかで、たいていの場合は風や雨などの所為で少なからず痛んでいるため、高い確率で火災保険は利用できます。このように火災保険という名前だからといって火災にのみ利用できる保険なわけではなく、実は風災にも利用できるのです。雨漏りなどで困っている際は、一度専門業者を呼んで、どんな保険が利用できるのかアドバイスをもらうのも一つの手でしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.