火災保険で補償される雨漏りとは

火災保険というと、火災が起こったときに補償される保険というイメージが強いかもしれませんが、水災や風災、落雷、雪災などの自然災害によって起こった損害に対しても、補償してくれる保険です。雨漏りは水災と思って、火災保険で修理ができると思っている人もいるかもしれませんが、水災というのは、洪水や河川の氾濫によって、床下、床上浸水してしまったというようなケースをいいますから、ゲリラ豪雨などによって雨漏りが起こった場合は、水災とはなりませんから、補償の対象外となります。火災保険が適用される雨漏りは、台風や突風などの風によって、瓦が飛んでしまったり、飛来物によって傷が付いたことで雨水が浸入してしまったというような場合に、補償の対象となります。ただ、素人では経年劣化が原因なのか、災害によって起こった雨漏りなのかを判断することが難しいため、専門の業者に依頼した方がよいでしょう。

火災保険の申請を行う際には、事前に屋根の調査を行って破損個所を撮影し、保険金の申請書を作成してもらいます。また、修理にかかる見積書も作成し、保険会社へ申請を行います。申請を送った後は、保険会社側が申請内容の確認を行うために、破損個所の鑑定を鑑定会社に依頼し、風災が原因だと判断された場合には、保険金が支払われます。保険の申請は、個人でも行うことができ、保険会社に現状を報告し、後日保険会社から送付された必要書類と、見積書や被害状況がわかる写真を提出します。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.