雨漏りは火災保険で修理ができるのか

天井から雨がしみこんでしまい、雨漏りに悩まされている人も多いのではないでしょうか。いった雨が住宅内に浸入してしまうと、徐々に木材などを腐食してしまいますから、できるだけ早く対策をとる必要があります。雨漏りの修理というのは、浸入箇所をきちんと調べないと、また雨が漏ってしまいますから、専門家に診断してもらう必要があります。重度の場合には、修理費用も高額になってしまいますから、早めに修理を依頼することが大事ですが、修理費用を抑えようと思って、悪徳な業者に依頼すると、手抜き工事をされてしまい、再度修理を行わないといけなくなり、結果的に高額な費用がかかる可能性もありますから、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

修理の費用を火災保険でまかなえないかと思っている人もいるかもしれませんが、経年劣化によっておこった雨漏りは、火災保険では補償されませんから、自己負担となりますから注意が必要です。火災保険は、水災や風災、落雷、雪災、火災などの自然災害によって起こった損害に対して補償される保険ですから、台風や突風などの風災によって起こった雨漏りではないと火災保険で修理を行うことはできません。雨漏りは、屋根が原因だと思っている人も多いかもしれませんが、意外と外壁のひび割れなども原因となることが多いので、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。一般的に、新築から10年程度経つと、外壁塗装の防水機能は低下してしまいますから、10年に1度はメンテナンスを行いましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.