雨漏りを火災保険を使って修理することができるのか

風による被害にあった場合には、火災保険の対象となりますから、突風や台風などの風によって雨漏りが起こったような場合には、火災保険の保険金を利用して、屋根の修理を行うことができます。ただ、気を付けないといけないことは、台風が原因であっても、雨が原因で起こった雨漏りは、経年劣化と考えられてしまうため、火災保険の対象外となってしまいます。経年劣化は、建物の老朽化が進んでしまい、破損したり汚損してしまう、自然な消耗のことです。火災保険は、予測できない災害や事故による損害を補償する保険となりますから、こういった自然な消耗は対象にはなりません。

ただ、この経年劣化という言葉に惑わされてしまい、本来なら保険の対象となるべき損害が、見過ごされているケースも少なくありません。屋根や外壁の損傷というのは、素人では経年劣化によるものなのか、災害によるものなのかを判断するのは難しく、専門家でない限り非常に困難です。特に、屋根の状態は日頃から見る場所ではありませんから、災害を受けている可能性も少なくありません。雨漏りというのは、一度起こってしまうと自然になおることはなく、徐々に被害が拡大してしまいますから、見つけたらすぐに対策をとる必要があります。

中には、悪徳な修理業者も存在しますから、信頼のできる業者を選ぶことも大切です。風が原因で起こった雨漏りであっても、長期間放置してしまうと経年劣化と判断されてしまうケースもありますから、できるだけ早く申請をすることも大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.